SQLServer エラー一覧

エラー レベル 説明
14002 16 タスク ID %1! を持つ 'Sync' サブシステムが見つかりませんでした。
14003 16 パブリケーション名を指定してください。
14004 16 %1! は現在のデータベース内に存在しなければなりません。
14005 16 パブリケーションを削除できませんでした。サブスクリプションが存在します。
14006 16 パブリケーションを削除できませんでした。
14008 11 パブリケーションがありません。
14009 11 パブリケーション '%1!' のアーティクルがありません。
14010 16 リモート サーバーがサブスクリプション サーバーとして定義されていません。
14012 16 @status パラメータ値には 'active' または 'inactive' のいずれかを指定してください。
14013 16 このデータベースはパブリケーションでは、許可されていません。
14014 16 同期方法 (@sync_method) は '[bcp] native' 、 '[bcp] character'、 'concurrent' または 'concurrent_c' でなければなりません。
14015 16 レプリケーション周期 (@repl_freq) は 'continuous' または 'snapshot' でなければなりません。
14016 16 パブリケーション '%1!' が既に存在します。
14017 16 @restricted パラメータ値が無効です。有効なオプションは 'true' または 'false' です。
14018 16 パブリケーションを作成できませんでした。
14019 16 @operation パラメータ値には 'add' または 'drop' のいずれかを指定してください。
14020 16 指定された列の列 ID が取得できませんでした。スキーマ レプリケーションに失敗しました。
14021 16 列がアーティクルに正しく追加されていませんでした。
14022 16 パラメータ @property の値は 'description'、'sync_object'、'type'、'status'、'ins_cmd'、'del_cmd'、'upd_cmd'、'filter'、'dest_table'、'dest_object'、'creation_script'、'pre_creation_cmd'、'status'、'schema_option' または 'destination_owner' のいずれかです。
14023 16 型は '[indexed view] logbased'、 '[indexed view] logbased manualfilter'、 '[indexed view] logbased manualview'、 '[indexed view] logbased manualboth'、または '( view | indexed view | proc | func ) schema only' でなければなりません。
14025 10 アーティクルは正常に更新されました。
14027 11 %1! は現在のデータベースに存在しません。
14028 16 ユーザー テーブル、具体化されたビュー、およびストアド プロシージャだけを 'logbased' アーティクルとしてパブリッシュできます。
14029 16 列分割スイッチは 'true' または 'false' でなければなりません。
14030 16 アーティクル '%1!' はパブリケーション '%2!' に存在します。
14031 16 ユーザー テーブルおよびビューだけが有効な同期オブジェクトです。
14032 16 パラメータ %1! の値を 'all' にはできません。レプリケーション ストアド プロシージャが予約しています。
14033 16 パブリケーションでサブスクリプションがアクティブなので、レプリケーション周期を変更できませんでした。
14034 16 パブリケーション名 (@publication) をキーワード 'all' にはできません。
14035 16 データベース '%2!' のレプリケーション オプション '%1!' は既に TRUE に設定されています。
14036 16 データベースでパブリッシュを許可できませんでした。
14037 16 データベース '%2!' のレプリケーション オプション '%1!' は FALSE に設定されています。
14038 16 データベースでパブリッシングを禁止できませんでした。
14039 16 アーティクル ビューの列句を構築できませんでした。列数を減らすか、手作業でビューを作成してください。
14040 16 サーバー '%1!' は既にサブスクライバです。
14042 16 サブスクライバを作成できませんでした。
14043 16 パラメータ %1! を NULL にはできません。
14046 16 アーティクルを削除できませんでした。サブスクリプションが存在します。
14047 16 %1! を削除できませんでした。
14048 16 サーバー '%1!' はサブスクライバではありません。
14049 16 レプリケーション用のストアド プロシージャはフィルタとしてのみ使えるオブジェクトです。
14050 11 このパブリケーションまたはアーティクルにサブスクリプションはありません。
14051 16 パラメータ値は 'sync_type' または 'dest_db' を指定してください。
14052 16 @sync_type パラメータ値には 'automatic' または 'none' を指定してください。
14053 16 この時点で、サブスクリプションを更新できませんでした。
14054 10 サブスクリプションは正常に更新されました。
14055 10 サブスクリプションは存在しません。
14056 16 この時点で、サブスクリプションを削除できませんでした。
14057 16 サブスクリプションを作成できませんでした。
14058 16 サブスクリプションは既に存在します。
14059 16 具体化されたビュー アーティクルは、プロパティ allow_sync_tran、 allow_queued_tran、 または allow_dts を持つパブリケーションに対して作成できません。
14061 16 @pre_creation_cmd パラメータ値には 'none'、'drop'、'delete'、または 'truncate' を指定してください。
14062 10 サブスクライバが削除されました。
14063 11 リモート サーバーが存在しないか、有効なサブスクライバとして設定されていません。
14065 16 @status パラメータ値には 'initiated'、 'active'、'inactive'、または 'subscribed' を指定してください。
14066 16 以前の状態は 'active'、'inactive'、または 'subscribed' でなければなりません。
14067 16 状態値は以前の状態値と同じです。
14068 16 sysobjects を更新できませんでした。サブスクリプションの状態を変更できませんでした。
14069 16 sysarticles を更新できませんでした。サブスクリプションの状態を変更できませんでした。
14070 16 ディストリビューション データベースのサブスクリプション テーブルを更新できませんでした。サブスクリプションの状態を変更できませんでした。
14071 16 ローカル サーバーのディストリビュータまたはディストリビューション データベースが見つかりませんでした。ディストリビュータがインストールされていないか、ローカル サーバーがディストリビュータでパブリッシャとして設定されていません。
14074 16 サーバー '%1!' は既にパブリッシャとしてリストされています。
14075 16 この時点では、パブリッシャは作成できませんでした。
14076 16 レプリケーション ログイン権限を '%1!' に許可できませんでした。
14077 10 パブリケーションは正常に更新されました。
14078 16 パラメータには 'description'、'taskid'、'sync_method'、'status'、'repl_freq'、'restricted'、'retention'、'immediate_sync'、'enabled_for_internet'、'allow_push'、'allow_pull'、'allow_anonymous'、 または 'retention' を指定してください。
14080 11 リモート サーバーが存在しないか、有効なパブリッシャとして設定されていません。
14085 16 ディストリビュータからサブスクライバ情報を取得できませんでした。
14088 16 トランザクション ベースのメソッドを使用してパブリッシュするには、テーブル '%1!' は主キーを持たなければなりません。
14089 16 具体化されたビュー '%1!' がトランザクション ベースのメソッドを使用してパブリッシュされている場合は、そのビューのクラスタ化インデックスは NULL 値が許容された列を持つことはできません。
14090 16 列削除後のアーティクル同期オブジェクトの評価でエラーが発生しました。 アーティクル '%1!' のフィルタ句は削除された列を参照してはいけません。
14091 16 sp_helpreplicationdb に渡す @type パラメータには 'pub' または 'sub' のいずれかを指定してください。
14092 16 このアーティクルに対するサブスクリプションが存在するので、アーティクルを変更できませんでした。
14093 16 パブリケーション '%1!' は既定のパブリケーション アクセス リストを使用しているので、直接アクセス権を許可または取り消すことはできません。
14094 16 アーティクル '%1!' をサブスクライブできませんでした。異種サブスクライバ '%2!' は @pre_creation_cmd のパラメータ値として 'truncate' をサポートしていません。
14095 16 パブリケーション '%1!' をサブスクライブできませんでした。異種サブスクライバ '%2!' は @sync_method のパラメータ値として 'bcp character' だけをサポートしています。
14096 16 @pre_creation_cmd パラメータ値が 'drop' の場合、テーブル作成スクリプトのパスと名前を指定する必要があります。
14097 16 'status' の値は 'no column names'、 'include column names'、 'string literals'、 'parameters'、 'DTS horizontal partitions' または 'no DTS horizontal partitions' でなければなりません。
14098 16 ディストリビューション パブリッシャ '%1!' を削除できません。リモート パブリッシャはディストリビュータとして '%2!' を使用しています。
14099 16 サーバー '%1!' は既にディストリビュータとして定義されています。
14100 16 同時実行スナップショット処理を使用するパブリケーションをサブスクライブしているときは、すべてのアーティクルを指定します。
14101 16 パブリケーション '%1!' は定義されたスナップショット エージェントを既に持っています。
14102 16 同時実行スナップショット処理を使用するパブリケーションからサブスクライブを解除するときは、すべてのアーティクルを指定します。
14105 10 ディストリビューション データベースのプロパティ '%1!' を正常に更新しました。
14106 10 ディストリビューション保有期間には正の数値を指定してください。
14107 10 @max_distretention 値は@min_distretention 値よりも大きくなくてはなりません。
14108 10 %2! からヒストリ レコードを %1! 個削除しました。
14109 10 @security_mode パラメータ値には 0 (SQL Server 認証) または 1 (Windows 認証) を指定してください。
14110 16 ストアド プロシージャ アーティクルでは、@property パラメータ値に 'description'、'dest_table'、'dest_object'、'creation_script'、'pre_creation_cmd'、'schema_option'、または 'destination_owner' を指定してください。
14111 16 @pre_creation_cmd パラメータ値には 'none' または 'drop' を指定してください。
14112 16 このプロシージャはテーブル ベースのアーティクルに対してのみ実行できます。
14113 16 '%1!' を実行できませんでした。インストール ディレクトリにある '%2!' を調べてください。
14114 16 '%1!' はディストリビュータとして設定されていません。
14115 16 プロパティ パラメータ値には %1! を指定してください。
14117 16 '%1!' はディストリビューション データベースとして設定されていません。
14118 16 ストアド プロシージャは、'serializable proc exec' アーティクル、'proc exec' アーティクル、または 'proc schema only' アーティクルとしてのみパブリッシュできます。
14119 16 ディストリビューション データベース '%1!' を追加できませんでした。ディストリビューション データベースは既に存在します。
14120 16 ディストリビューション データベース '%1!' を削除できませんでした。ディストリビューション データベースはパブリッシャに関連付けられています。
14121 16 ディストリビュータ '%1!' を削除できませんでした。このディストリビュータはディストリビューション データベースに関連付けられています。
14122 16 immediate_sync パブリケーションでは、@article パラメータ値には 'all' を指定してください。
14123 16 サブスクリプションの @sync_type パラメータ値 'manual' はサポートされなくなりました。
14124 16 パブリケーションに対するサブスクリプションが作成される前に、そのパブリケーションはアーティクルを最低 1 つ持つ必要があります。
14126 16 操作を完了するのに必要な権限がありません。
14128 16 @subscription_type パラメータ値が無効です。有効なオプションは 'push' または 'pull' です。
14129 16 サブスクリプションを immediate_sync パブリケーションに追加するとき、'automatic' sync_type の場合は @status パラメータの値を NULL にしてください。
14135 16 パブリッシャ '%1!'、データベース '%2!'、パブリケーション '%3!' にはサブスクリプションがありません。
14136 16 キーワード 'all' はレプリケーション ストアド プロシージャ用に予約されています。
14137 16 @value パラメータ値には 'true' または 'false' のどちらかを指定してください。
14138 16 オプション名 '%1!' は無効です。
14139 16 レプリケーション システム テーブル '%1!' は既に存在します。
14143 16 ディストリビュータ パブリッシャ '%1!' を削除できません。関連付けられたサブスクライバがディストリビューション データベース '%2!' にあります。
14144 16 サブスクライバ '%1!' を削除できません。そのサブスクライバからのサブスクリプションがパブリケーション データベース '%2!' にあります。
14146 16 アーティクルのパラメータ '@schema_option' は NULL にはできません。
14147 16 制限されたパブリケーションはサポートされなくなりました。
14148 16 '%1!' 値は無効です。有効な値は 'true' または 'false' です。
14149 10 %1! 個のレプリケーション ヒストリ レコードが %2! 秒間に削除されました (%3! 行/秒)。
14150 10 レプリケーション-%1!: エージェント %2! が成功しました。 %3!
14151 18 レプリケーション-%1!: エージェント %2! は失敗しました。 %3!
14152 10 レプリケーション-%1!: エージェント %2! には再試行のスケジュールがセットされました。 %3!
14153 10 レプリケーション-%1!: エージェント %2! の警告。 %3!
14154 16 ディストリビュータ パラメータには、'@heartbeat_interval' を指定してください。
14155 16 プロシージャ スクリプト生成に無効なアーティクル ID が指定されました。
14156 16 アーティクル定義にカスタム ストアド プロシージャが指定されませんでした。
14157 10 サブスクライバ '%1!' が作成したパブリケーション '%2!' に対するサブスクリプションは有効期限が切れたので削除されました。
14158 10 レプリケーション-%1!: エージェント %2!: %3!。
14159 16 アーティクル '%2!' のプロパティ '%1!' は、そのアーティクルへのサブスクリプションが存在しているので、変更できませんでした。
14199 10 指定したジョブ "%1!" は保守計画用には作成されません。
14200 16 指定された '%1!' は無効です。
14201 10 0 (全ステップ) ..
14202 10 @active_start_time の前または後
14203 10 sp_helplogins [Windows NT グループを除く]
14204 10 0 (アクティブ)、1 (実行中)、2 (スレッド待機中)、3 (再試行待ち)、4 (アイドル)、5 (一時中断)、7 (実行完了アクション)
14205 10 (不明)
14206 10 0..n 秒
14207 10 -1 [最大値なし]、 0..n
14208 10 1..7 [1 = メール、2 = ポケットベル、4 = NetSend]
14209 10 0..127 [1 = 日曜日 .. 64 = 土曜日]
14210 10 通知
14211 10 サーバー
14212 10 (全ジョブ)
14213 16 主要ジョブの詳細 :
14214 16 ジョブ ステップ :
14215 16 ジョブ スケジュール :
14216 16 ジョブ対象サーバー :
14217 16 SQL Server 警告 : '%1!' は TSX サーバー '%2!' から強制的に参加解除されました。参加解除を完了するには MSX で sp_delete_targetserver を実行してください。
14218 10
14219 10
14220 10
14221 16 このジョブには '%1!' 以外のオペレータへの通知を 1 つ以上持っています。現在の定義では、このジョブはリモート サーバーを対象にはできません。
14222 16 オペレータ '%1!' の名前を変更できません。
14223 16 サーバーが %2! の間は、オペレータ '%1!' を変更または削除できません。
14224 0 警告 : 指定されたサーバー名は現在の MSX サーバー ('%1!') ではありません。
14225 16 警告 : ローカル マシン名を確認できませんでした。MSX 操作を通知できませんでした。
14226 0 %1! 個のヒストリ エントリが削除されました。
14227 0 サーバーを MSX '%1!' から参加解除しました。%2! 個のジョブが削除されました。
14228 0 サーバー MSX への参加が '%1!' から '%2!' に変更されました。
14229 0 サーバーを MSX '%1!' に参加しました。
14230 0 SP_POST_MSX_OPERATION: %1! %2! ダウンロード命令が通知されました。
14231 0 SP_POST_MSX_OPERATION 警告 : 指定された %1! ('%2!') はマルチサーバージョブではありません。
14232 16 job_name、job_id、または originating_server のいずれかを指定してください。
14233 16 有効な job_id (全ジョブの場合は 0x00 ) を指定してください。
14234 16 指定された '%1!' は無効です (有効な値は、 %2! が返します)。
14235 16 指定された '%1!' は無効です (有効な値は 1 以上ですが %2! は除きます)。
14236 0 警告 : %1! が存在しないステップを参照しています。
14237 16 動作として 'REASSIGN' が指定されているときは、新規ログイン パラメータを指定する必要があります。
14238 0 %1! 個のジョブが削除されました。
14239 0 %1! 個のジョブが %2! に再割り当てされました。
14240 0 ジョブは %1! 個の新規サーバーに適用されました。
14241 0 ジョブは %1! 個のサーバーから削除されました。
14242 16 システム管理者だけが、ジョブの所有権を再割り当てできます。
14243 0 ジョブ '%1!' が正常に開始されました。
14244 16 システム管理者だけが、タスクを再割り当てできます。
14245 16 タスクを削除するには、@name、@id、または @loginname のいずれかを指定してください。
14246 16 タスクを更新するには @currentname または @id を指定してください。
14247 16 システム管理者だけが他人が所有するタスクを表示できます。
14248 16 このログインは %1! 個のジョブの所有者です。ログインを削除する前に、これらのジョブを削除するか、再割り当てする必要があります。
14249 16 タスクを再割り当てするときは、 @taskname または @oldloginname を指定してください。
14250 16 指定された %1! は長すぎます。%2! 文字以下で指定してください。
14251 16 通知先のオペレータとして '%1!' は指定できません。
14252 16 この操作を所有していないジョブで実行することはできません。
14253 0 %1!/%2! 個のジョブが正常に停止しました。
14254 0 ジョブ '%1!' が正常に停止されました。
14255 16 このジョブの所有者 ('%1!') はログインが無効か、データベース '%2!' の有効なユーザーではありません。
14256 16 ジョブ '%1!' (ID %2!) にはジョブ サーバーが定義されていないので、開始できません。
14257 16 ジョブ '%1!' (ID %2!) にはジョブ サーバーが定義されていないので、停止できません。
14258 16 SQLServerAgent の開始中は、この操作を実行できません。あとで再試行してください。
14259 16 この定義を持つジョブのスケジュール (ID %1!、 '%2!') は既に存在します。
14260 16 このコマンドを実行するための権限が不足しています。
14261 16 指定された %1! ('%2!') は既に存在します。
14262 16 指定された %1! ('%2!') は存在しません。
14263 16 対象サーバー '%1!' は既にグループ '%2!' のメンバです。
14264 16 対象サーバー '%1!' はグループ '%2!' のメンバではありません。
14265 25 MSSQLServer サービスが予期せず終了しました。
14266 16 指定された '%1!' は無効です (有効な値は %2! です)。
14267 16 ジョブをジョブ カテゴリ '%1!' に追加できません。
14268 16 このサーバーには、サーバー '%1!' からのジョブはありません。
14269 16 ジョブ '%1!' はサーバー '%2!' で既に対象になっています。
14270 16 ジョブ '%1!' はサーバー '%2!' で現在対象になっていません。
14271 16 対象サーバーの名前を '%1!' にはできません。
14272 16 オブジェクト型とオブジェクト名は組で指定してください。
14273 16 @job_id または @job_name (オプションで @schedule_name) を指定するか、@schedule_id を指定してください。
14274 16 MSX サーバーからのジョブ、ステップ、スケジュールの追加、更新、または削除はできません。
14275 16 ジョブの作成元サーバーは '(local)' または '%1!' にしてください。
14276 16 '%1!' はパーマネント %2! カテゴリです。削除できません。
14277 16 コマンド スクリプトは作成するオブジェクトをすべて破棄できません。コマンド スクリプトを修正してください。
14278 16 このジョブのスケジュールは無効です (理由 : %1!)。
14279 16 @job_name または @originating_server を指定してください。
14280 16 ジョブ名 (ジョブの概要) または 1 つ以上のジョブ フィルタ パラメータを指定してください。
14281 0 警告 : 'DELETE' 操作を指定しているときは @new_owner_login_name パラメータは必要ありません。
14282 16 作成日付または最終更新日付とデータ比較演算子を指定するか、日付パラメータをまったく指定しないかのいずれかです。
14283 16 @target_server_groups または @target_servers、あるいは両方を指定してください。
14284 16 新規ジョブのジョブ ID を指定できません。ID はプロシージャで代入されます。
14285 16 マルチサーバー ジョブ カテゴリに、ローカル ジョブは追加できません。
14286 16 ローカル ジョブ カテゴリに、マルチサーバー ジョブは追加できません。
14287 16 指定された '%1!' は無効な %2! です。
14288 16 %1! を %2! よりも前にはできません。
14289 16 %1! は '%2!' 文字を含むことはできません。
14290 16 このジョブは現在ローカル サーバーで対象になっているので、リモート サーバーで対象にすることはできません。
14291 16 このジョブは現在リモート サーバーで対象になっているので、ローカル サーバーで対象にすることはできません。
14292 16 '%1!' という名前のタスクが 2 つ以上存在します。タスクを一意に識別するために、%3! の代わりに %2! を指定してください。
14293 16 '%1!' という名前のジョブが 2 つ以上存在します。ジョブを一意に識別するために、%3! の代わりに %2! を指定してください。
14294 16 ジョブを識別するために、%1! または %2! を指定してください。
14295 16 周期の種類 0x2 (OnDemand) はサポートされなくなりました。
14296 16 このサーバーは既に MSX '%1!' に参加しています。
14297 16 ローカル マシンに参加できません。
14298 16 このサーバーは現在 MSX に参加していません。
14299 16 サーバー '%1!' は MSX です。MSX を 別の MSX に参加することはできません。
14300 16 循環した従属関係が存在します。従属関係の評価を続行できません。
14301 16 現在のユーザー以外のログインは、sysadmin ロールのメンバだけが表示できます。
14302 16 このサーバーに接続するには、クライアントの SQL-DMO と SQL Server Enterprise Manager を バージョン 6.5 にアップグレードする必要があります。アップグレードされたバージョンは、sqlole65.sql が実行されている場合は、SQL Server のバージョン 6.5 と 6.0 を両方管理できます。
14303 16 ストアド プロシージャ '%1!' はレジストリ キーへのアクセスに失敗しました。
14304 16 ストアド プロシージャ '%1!' は Windows 2000 サーバーでのみ実行できます。
14350 16 CoInitialize が失敗したので、COM ライブラリを初期化できません。
14351 16 予期しないエラーが発生したので、この操作を完了できません。
14352 16 この SQL Server インスタンスのレジストリに Active Directory 情報が見つかりません。再度 sp_ActiveDirectory_SCP を実行してください。
14353 16 この SQL Server インスタンスのサービス アカウントを決定できません。
14354 16 MSSQLServerADHelper サービスを開始できません。この SQL Server インスタンスのサービス アカウントが MSSQLServerADHelper サービスを開始するために必要な権限を持っていることを確認してください。
14355 16 MSSQLServerADHelper サービスがビジーです。あとでこの操作を再試行してください。
14356 16 Windows Active Directory クライアントが、SQL Server インスタンスが実行されているコンピュータに正しくインストールされていません。LoadLibrary が ACTIVEDS.DLL の読み込みに失敗しました。
14357 16 名前が長すぎるので、Active Directory 内の '%1!' を一覧できません。Active Directory の共通名は 64 文字を超えることはできません。
14358 16 この SQL Server インスタンスの SQL Server エージェント プロキシ アカウントを確認できないか、そのアカウントがドメイン ユーザー アカウントではありません。xp_sqlagent_proxy_account を使用して、SQL Server エージェントがプロキシ アカウントとしてドメイン ユーザー アカウントを使用するように設定してください。
14359 16 Active Directory がネットワーク上で有効になっていないか、オペレーティング システムがサポートしていません。
14360 16 %1! は既に TSX コンピュータとして設定されています
14361 16 MSX サーバーは混在セキュリティ モードをサポートしません
14362 16 MSX サーバーは SQL Server Standard Edition または Enterprise Edition を実行する必要はありません
14363 16 MSX サーバーは参加の準備がされていません [MSX で定義される 'MSXOperator' という名前のオペレータが存在する必要があります]
14364 16 TSX サーバーは現在参加していません
14410 16 plan_name または plan_id のいずれかを指定する必要があります。
14411 16 この計画は削除できません。計画は参加しているデータベースを持っています。
14412 16 配布先データベースは、既にログ配布計画の一部です。
14413 16 このデータベースは既にログ配布されています。
14414 16 ログ配布モニタは既に定義されています。
14415 16 SQL Server 認証を使用するときは、ユーザー名を NULL にはできません。
14416 16 このストアド プロシージャは msdb で実行する必要があります。
14417 16 データベースがログ配布に参加しているときは、モニタ サーバーは削除できません。
14418 16 指定した @backup_file_name をデータベース '%1!' から作成できませんでした。
14419 16 指定した @backup_file_name はデータベース バックアップではありません。
14420 16 ログ配布元 %1!.%2! は %3! 分間バックアップされていません。
14421 16 ログ配布先 %1!.%2! は %3! 分間同期されていません。
14422 16 @plan_id または @plan_name のいずれかを指定してください。
14423 16 ほかのデータベースがこの計画に参加しています。計画を削除する前に、このデータベースを削除する必要があります。
14424 16 データベース '%1!' は、既にログ配布に含まれています。
14425 16 データベース '%1!' は、ログ配布に含まれているようには見えません。
14426 16 ログ配布モニタは既に定義されています。 @delete_existing = 1 を指定して、sp_define_log_shipping_monitor を呼び出してください。
14427 16 SQL Server セキュリティにはユーザー名が必要です。
14428 16 ログ配布にデータベースが含まれているので、モニタを削除できませんでした。
14429 16 このプライマリにはまだセカンダリがアタッチされています。
14430 16 相手先パス %1! が無効です。
14440 16 シングル ユーザー モードに設定できませんでした。
14441 16 ロールが正常に変更されました。
14442 16 ロールの変更に失敗しました。
14450 16 指定した @backup_file_name はデータベース '%1!' から取得されませんでした。
14451 16 指定した @backup_file_name はデータベース バックアップではありません。
14500 16 0 以外のメッセージ ID、0 以外のレベル、または NULL 以外のパフォーマンス条件のいずれかを指定してください。
14501 16 警告 ('%1!') はこの条件で既に定義されました。
14502 16 @enum_type に 'TARGET' を指定しているときは、@target_name パラメータを指定してください。
14503 16 @enum_type に 'ALL' または 'ACTUAL' を指定しいるときは、@target_name パラメータは指定しないでください。
14504 16 '%1!' は緊急時のオペレータです。別のオペレータを緊急時のオペレータに指定してから、'%2!' を削除してください。
14505 16 パフォーマンス条件を指定するときは、null %1! を指定してください。
14506 16 警告をメッセージ ID %1! に設定できません。
14507 16 パフォーマンス条件の書式は次のとおりです : 'object_name|counter_name|instance_name|comparator(> または < または =)|numeric value'。
14539 16 SQL Server の Standard または Enterprise エディションだけが MSX に参加できます。
14540 16 Microsoft Windows NT で実行されている SQL Server だけが MSX に参加できます。
14541 16 MSX (%1!) のバージョンは最新ではないので、この TSX をサポートできません。MSX にはバージョン %2! 以降が必要です。
14542 16 マルチサーバー ジョブの TSQL ステップが NULL 以外の %1! 値を持つことはできません。
14543 16 ログイン '%1!' は 1 つ以上のマルチサーバー ジョブを所有しています。これらのジョブの所有権は %2! ロールのメンバだけに割り当てることができます。
14544 16 このジョブは '%1!' が所有しています。%2! ロールのメンバが所有するジョブだけをマルチサーバー ジョブにできます。
14545 16 %1! パラメータは '%2!' 型のジョブ ステップでは無効です。
14546 16 %1! パラメータは Windows 95/98 プラットフォームではサポートされません。
14547 10 警告 : ジョブの %1! が %2! を使用して通知するまで、対象サーバーはこの変更をダウンロードしません。
14548 10 対象サーバー '%1!' はそのサーバーに割り当てられたジョブを持っていません。
14549 10 (説明の要求なし)
14550 10 コマンドライン サブシステム
14551 10 レプリケーション スナップショット サブシステム
14552 10 レプリケーション トランザクション ログ リーダー サブシステム
14553 10 レプリケーション ディストリビューション サブシステム
14554 10 レプリケーション マージ サブシステム
14555 10 アクティブ スクリプティング サブシステム
14556 10 Transact-SQL サブシステム
14557 10 [内部]
14558 10 (暗号化コマンド)
14559 10 (出力ファイルに追加)
14560 10 (ヒストリに結果を含む)
14561 10 (正常)
14562 10 (正常終了)
14563 10 (異常終了)
14564 10 (次のステップに移動)
14565 10 (ステップに移動)
14566 10 (アイドル)
14567 10 (正常値以下)
14568 10 (正常値以上)
14569 10 (タイム クリティカル)
14570 10 (ジョブの結果)
14571 10 使用できる説明はありません。
14572 10 毎日のジョブでは、@freq_interval には最低 1 を指定してください。
14573 10 毎週のジョブでは、@freq_interval には有効な曜日のビットマスク [日曜日 = 1 .. 土曜日 = 64] を指定してください。
14574 10 毎月のジョブでは、@freq_interval には 1 から 31 までの値を指定してください。
14575 10 @freq_relative_interval には、第 1 (0x1)、第 2 (0x2)、第 3 [0x4]、第 4 (0x8) または最終 (0x10) のいずれかを指定してください。
14576 10 毎月のジョブでは、@freq_interval には 1 から 10 まで (1 = 日曜日 .. 7 = 土曜日、 8 = 日、 9 = 平日、 10 = 週末) の値を指定してください。
14577 10 @freq_recurrence_factor には最低 1 を指定してください。
14578 10 CPU の使用率が %2! 秒間に %1! パーセント以下のときに開始します。
14579 10 SQLServerAgent 開始時に、自動的に開始します。
14580 10 ジョブ
14581 10 レプリケーション トランザクション キュー リーダー サブシステム
14585 16 DTS パッケージ '%1!' の所有者または sysadmin ロールのメンバだけがパッケージの所有権の再割り当てを実行できます。
14586 16 DTS パッケージ '%1!' の所有者または sysadmin ロールのメンバだけが新しいバージョンのパッケージを作成できます。
14587 16 DTS パッケージ '%1!' の所有者または sysadmin ロールのメンバだけがそのパッケージまたは任意のバージョンのパッケージを削除できます。
14588 10 ID.VersionID =
14589 10 [指定なし]
14590 16 DTS パッケージ '%1!' は別の ID でこのカテゴリに既に存在します。
14591 16 DTS カテゴリ '%1!' は指定した親カテゴリに既に存在します。
14592 16 DTS カテゴリ '%1!' が複数の親カテゴリ内に見つかりました。削除するカテゴリは一意に指定する必要があります。
14593 16 DTS カテゴリ '%1!' はパッケージまたはほかのカテゴリを含んでいます。最初にこれらを削除するか、再帰削除を指定してください。
14594 10 DTS パッケージ
14595 16 DTS パッケージ '%1!' は別のカテゴリに含まれています。パッケージは一意に指定する必要があります。
14596 16 DTS パッケージ '%1!' は別のカテゴリに既に存在します。
14597 16 DTS パッケージ ID '%1!' は既に別の名前で存在します。
14598 16 カテゴリ Local、Repository、または LocalDefault DTS は削除できません。
14599 10 名前
inserted by FC2 system